人民元は中国元と呼ぶことも

人民元は中国元と呼ぶことも

人民元は中国元と呼ぶこともう 韓国ドルやアメリカドルなど同様の流れなのが、中国紙幣人民元ですが、通貨としても独特の呼び方です。人民元は中国元のことであり、中国紙幣であることに変わりはありません。中国では自国の通貨に対して、人民幣やレンミンビーと言っています。国民向けの中国人民銀行が発行するお金として人民幣があり、外匯券は外国人向けです。でも人民幣に1994年には統一をされており、外匯券はすでに廃止をされています。中国におけるお金の単位はユェンと読みますが、漢字では元と書かれていて記号は円マークです。

実際にお札を観た時には元とは記載はされておらず、日本における円の漢字の旧漢字と同様に圓と書いてあります。初めて中国でのお金の両替をした際に、日本人では紙幣を見た際に、元の文字の記載がないことに戸惑うこともあるくらいです。ですが旧漢字をお札には採用しているだけであり、実際には中国で使用をすることに対しても全く問題はありません。

中国紙幣、人民元の単位に惑わされないように

中国紙幣、人民元の単位に惑わされないように 現在、中国で発行されている中国紙幣は6種類あります。価値の高い順から「100元」「50元」「20元」「10元」「5元」「1元」です。中国紙幣は人民元と呼ばれ、紙幣の表のデザインは全て同じで色に違いがあります。
一般的に知られている中国紙幣の単位は元ですが、元の下は角です。角には「5角」と「1角」の紙幣があります。日本の円が千円札10枚で1万円札一枚の価値があるのと同様に、1角が10枚で1元の価値です。簡単にいうと1角が千円、1元が1万円と同じような物であるということになります。
中国での価格表示は元になっていますが、実際は円が通貨単位になっています。人民元をよく見ると円の旧字体である「圓」をさらに中国語にした文字が書かれています。読み方は「ユアン」です。
中国の観光地などで価格表示がRMB表記で書かれてることが多々あります。記号にしてしまうと、日本の円とユアンの頭文字のYが同じになってしまいます。中国で買い物をする時に円ではなく、ユアンで表記されていることに注意が必要です。

新着情報

◎2019/6/20

中国紙幣の価値
の情報を追加しました。

◎2019/3/6

人民元は中国元と呼ぶことも
の情報を追加しました。

◎2018/12/10

宅配買取のデメリット
の情報を追加しました。

◎2018/9/11

中国紙幣の査定方法
の情報を追加しました。

◎2018/8/10

サイト公開しました

「中国 元」
に関連するツイート
Twitter

サッカー韓国代表ソン・ジュンホの最新市場価値100万ユーロ、中国で拘束され一度ゼロに(2024年6月23日)|BIGLOBEニュース - BIGLOBEニュース

サッカー韓国代表ソン・ジュンホの最新市場価値100万ユーロ、中国で拘束され一度ゼロに - Record China

サッカー韓国代表ソン・ジュンホの最新市場価値100万ユーロ、中国で拘束され一度ゼロに - ライブドアニュース - livedoor

サッカー韓国代表ソン・ジュンホの最新市場価値100万ユーロ、中国で拘束され一度ゼロに - Record China

中国最大の採点サイトによる中国歴代開国皇帝の採点 ps:能力よりも人気に重点を置いており、例えば朝は征服王朝としても中国の歴史とされているが、征服された漢民族は朝の創立者ジンギスカンがあまり好きではない。